にわかわにかの備忘録

すべては備忘録として。

冷たい校舎の時は止まる

辻村深月さんの「冷たい校舎の時は止まる」を読み終えた。

五分ほど前。

 

読みごたえがあった。

オチは少し説得力に欠ける感じ。でも、全然気にならないかな。

 

読後感良し。それが大事。

 

ほどよいモヤっと感。

でも、たぶん、このモヤっと感は穿った見方をしてるから。

 

明快で分かりやすいオチって、

スパッと終わりすぎて余韻が残りづらい(と勝手に思ってる)。

 

登場人物全員に、しっかりがっつり感情移入できる。

それぞれのエピソードが、1つの小説として成立するほどに完成してる、と思う。

むしろ、それぞれのエピソードを無理に繋げなくて良いよ、と感じるくらい。

 

読んでよかった。熱中した。

明日仕事なのに、こんな時間まで読んでしまった。

今朝も実は、明け方まで読んでて、仕事中眠かった。

明日もたぶん、少し眠い。

 

おやすみなさい。